読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国女性に恋した話⑤

初めての海外Wi-Fi

飛行機でスイッチオンにし、早速彼女にメッセージを送る。

 

「いまついた」と。

 

するとあっちらからも「いまついた」とくる。

 

いよいよであった。留学から約2ヶ月。私は少々の緊張をしていた。

手荷物を預けていないので、荷物をかこむ人々をかき分けて、彼女が指定するゲートに向かう。

その前、飛行機内で課題をこなし、教授にメールする。

PCを起動して、ネットにつないでと。。10分ぐらいかかってしまったと思う。

彼女に一旦メールを送ろうか。まよったが、送るほうが時間がかかると思い、そのままタイプし続けた。

 

手早くPCをバックにしまい、ゲートを出る。

 

人前で演説するかのような緊張感があった。

顧客を待つツアーエージェントに混じって、彼女がいた。

カナダであったときとは違ったファッションで、きれいだった。

 

Long time no see!

 

そう言うと決めていた。

軽くハグをした後、「40分も待っている」と怒られた。

 

その後彼女が停めている車の駐車場に向かった。

車種はわからないが、シボレーのセダン。日本にあったら目を引くようなものだ。

 

私を空港からピックアップするとは聞いていた。自分の車かと思っていたが、どうやら自分の車は、マニュアルらしく運転ができないらしい。

そこでレンタカーを借りていてくれたのだ。

 

いい車だね!と。私は、初めて電車を見た少年のように、車の周りを観察していた。

座席に乗り込み、彼女が目的地をセットする。

 

そしていよいよ3日間の韓国旅行がスタートした。