読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国女性に恋した話①

まさか自分がこんなブログを書くとは思わなかった。

 

昨今若者の「恋愛離れ」が取り沙汰されている。

この手の報道は成人式のときによく取り上げられるといえる。

「異性と付き合ったことがない新成人が~」というようにだ。

 

現在、私は25-27歳として、私の成人式のときには、このような話は

あまり顕著ではなかったようなきがする。

むしろ。成人式のあとの飲み会の際。友人たちが私の恋愛経験もなさを

イジるくらいであるからだ。

成人式は地元で行なわれる。私は中学ではいわゆる人気者であり、

友人たちも’いじり甲斐’があったのだろう。

その時の言い訳としては’大学に女がいない’としていた。

これは事実であり、理系の単科大学に通っていたため、

よっぽどのことがない限り、女性との接点をもつことができない。

しかしながら、この歳になって女性と付き合ったことがないことへの

問題意識は当然あった。

 

なぜ、女性と交際したことがなかったのか。

これは「恋愛自身は夢物語」と考えていたことにあると思う。

今思い返すと、小学を卒業して、数週間たったあと、友人が「○○と付き合ってる」

と聞いて、驚きと同時に、’自分にはまだ早い’’自分の知らない世界だ’と考えていた。

こういう状態で気づけば成人しているわけだ。

 

当時の写真を見返す。茶髪のナイスガイがそこにいる。

理系単科大学には珍しい、いわゆるイケイケなのだろうか。

正直顔は悪くない部類である。

読者がいるとしたら。「結局ナイスガイなんじゃねえか」と思われるかもしれない。

でも私は身長も高くなければ線が細いわけではない。私より条件のいい人のほうが多い

と感じる。

どこにでもいる普通の大学生と思って読み進めてほしい。

 

さて、書き始めてみたが、思った以上に言葉が出てくる。

書き始め前は1章で終えると思っていたのだが、初めての交際から

書き始めると超大作になりそうである。

このシリーズを始めた理由は、タイトルにあるように、ついさっき

韓国女性と会ったあとであり、思うところがあったため、この気持を

わすれないように書き留めておこうと思ったからだ。

なぜWebか。10年20年後。ふと思い出したときに読めればいいとおもったから。

そのころには’検索’という習慣が存在しないかもしれないが、一度電子化したものは、

Hatenaを運営している企業が倒産でもしない限りは消えないと考える。

要は完全にオナニ記事である。しかしながら私は普通の大学生ながら、トークに関しては自身があったので、そのコツなんかも示せたらと思っている。